• 三木雄斗

キャンセルポリシーについて。

こんにちは。

ここ最近、非常に有難いことに当院を受診する患者さんの数が増えてきております。

それに伴い、予約を取るのが難しくなっており、曜日によっては既に1月待ちという状況になりつつあります。(2021年7月現在)



治療が終了し健康な状態に移行し、またそれを維持するためには我々歯科医院側の努力はもちろんですが、患者さん側のご理解とご協力が必要となってきます。

この度、当医院に来院される患者さんの極一部の方のキャンセルや遅刻が多発しているため・・・予約キャンセルについての注意事項を纏めたキャンセルポリシーを記載させていただきたいと思います。


【必ず予約を取ってからご来院ください】

ご来院される患者さん方皆さんに公平かつ適切な医療を提供するためには、その処置に必要な時間と準備と座席の確保が必要になります。

その為、当院では予約制を取らせていただいておりますので、ご予約は直接受付でお取りいただくか、お電話・Web予約にてお願いいたします。

(Web予約につきましては、このHPの下の方から取ることが出来ます。)


【お約束の時間は必ずお守りください】

ご予約の5分前には受付を済ませるようお願いいたします。

約束のお時間を過ぎた場合は次の患者様のご迷惑になりますので、「処置時間を短縮するため、その日予定していた処置が行えない可能性」があることをご了承ください。

また、15分以上の遅刻に関しましては予約の取り直しをお願いいたします。

お仕事などでやむを得ず遅刻してしまう場合は、来院前にお電話にて到着予定時間をご一報いただければ幸いです。


【ご予約の変更・キャンセルは早めにお知らせください】

基本的にはできる限りキャンセルはしないようにお願いしたいところですが、体調不良やお仕事等仕方のない理由でご予約の変更・キャンセルをせざるを得ない場合もあるかと思います。

その際は可能なかぎり予約日の前日の診療終了時までにご連絡いただくか、Web予約にて変更手続きをお願いいたします。


【無断キャンセルは絶対におやめください】

無断キャンセルを2回された方は、信頼関係の構築が困難であるため、それ以降の診療をお断りさせていただきます。

痛みがある・腫れているなどの急性症状を有する際には応急処置のみを行わせていただきますが、対症療法に留めさせていただきますので、速やかに新しい医院をご受診ください。



この度、これらの医院の予約に関しての問題を解決するために電子アポシステム「ジニー」を導入致しました。

その結果、事前にスマートフォンに向け「〇月〇日に予約が入っている」という旨の通知が行くこととなりました。


この通知を受信しても尚、キャンセルや遅刻をされる方に関しまして、当院としましては「通院の意志が乏しい」と判断せざるを得ませんので、そういった方と良好な信頼関係は得られないと考えております。

この場合、歯科医師法19条1項:応召義務(特別な事情が無い限りは患者からの診療の申し出を断ってはならない義務)の対象者から外れる為、上記した通り、診療をお断りさせていただきます。


また、当院では歯茎に炎症を認め、それが治療の際に悪影響を及ぼす場合、歯周治療(歯茎の検査や歯石取り)を虫歯治療の前に先行して行う事としております。

治療順序や要望をお伝えいただくことは当然のことながら一向に構いませんが、それが歯科医学的に正しくなかった場合、処置を行っても私はその処置に対して責任を持つことが出来かねます。

その為、当院の診療方針に同意いただけず、自己判断による診療を要求する方も同様に信頼関係の確立が困難なため、診療をお断りさせていただくことと致しました。

上記のように患者さんに色々とお願いをして大変申し訳ありませんが、当院ではありとあらゆる治療に対して適切な治療時間を確保し、精度の高い治療を行えるように努めております。

予約時間に遅れてしまうとその日のスケジュールに狂いが生じ、後から来院される時間通りいらっしゃった患者さんにご迷惑をおかけすることも多々あります。

他の患者さん方の貴重な時間を守り、治療の質を落とさないためにもご協力お願い致します。

またキャンセルに関しましてはできる限りしないように心がけてください。


キャンセル(特に無断キャンセル)は


・治療を早く受けてなるべく早く健康になりたいという患者さんのご迷惑となる

・患者さんと私共との信頼関係が築きにくくなる

・予定していた治療にかかる経費等が全て無駄になり、医院に損失が出る

・そもそもご自身の治療期間がどんどんと伸びていく


など様々なデメリットが生じます。

ご自身の健康のために治療を受けるということに価値を見出していただき、『歯科医院で治療を受ける』という行為が忙しいスケジュールの中でも優先すべき予定として頂けると幸いです。


最後になりますが、私たちスタッフも治療に遅れが出ないよう意識しております。

そして治療の質も維持しながら日々の診療を行っていきます。

『予約というものは患者さんとの約束である』という事を忘れず、私たち自身も患者さんから信頼されるよう取り組んでまいりますので何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

343回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示