• 三木雄斗

歯科医師の方をダイレクトボンディングにて治療。

こんにちは。

緊急事態宣言が解除されましたね。

まぁとはいっても、依然ウイルスは猛威を振るっているわけですから、各自注意しながら生活していくのが大事ですね。



前回も書きましたが、ここ最近遠方からの初診の方や歯科医療従事者からの問い合わせが非常に増えております。

初診数増加に伴い、急患対応も多くなってまいりましたので、再度ご案内させていただきます。

【当院での初診の取り扱いについて】

当院は現在、予約の患者さんで2~3週間先まで完全に埋まっている状況になっております。

急患の場合は、コロナ渦も相まって、可能な限りお待ちいただかないよう予約の患者さんの治療内容等を考慮し、日時を指定させていただいております。

従って、どうしても「この曜日のこの時間で」などの希望される日時が限定的な場合は通常の予約をお願いしております。

皆様お仕事や私生活がお忙しい中、2~3週間お待ちいただいた上で予約を取っていただいております。


無理に初診の方の希望に対応することで予約の患者様の治療に影響を及ぼすことは、当院が目標としている「公平公正な医療の提供」には反してしまうと考えております。


痛みがあるなどの急を要する場合は、通常の予約枠ではないため希望の時間のご案内ができかねることを予めご了承ください。

さて、では本日の症例写真は前回・前々回と続き、全体的なダイレクトボンディングについてです。

上下左右に分かれて複数本をダイレクトボンディングでの治療を希望されて2つほど隣の県から来院された方です。

じゃ、医療法の兼ね合いで毎回書いている内容をまた今回も記載したいと思います。

ダイレクトボンディングのメリットは

・基本的には歯を最も多く残すことが出来る治療法である。

・もし一部欠けたりしても、そこだけ治療しなおすことが出来る。

・歯よりも少し柔らかい(反対側の歯が割れたりはしない)

・金属を使用しないため、金属アレルギーは生じない。


です。

逆にデメリットとしては、

・材質的に経年劣化を起こしてくるので、後々磨き残しが溜まりやすくなる

・強度が弱いため、割れたり欠けたりすることがある。

・保険が使えない為、高額(当院では4万円+税です)


材質的なデメリットは非常に大きいんですが、それを考えても患者さんにお勧めできるメリットは、被せ物になるのを、5年でも10年でも先に伸ばすことが出来るという点です。


一回治療したところは必ずいつか駄目になりますが、その時に歯が残っていれば、ひょっとするとまたダイレクトボンディングで対処できるかもしれませんからね。

私は良く「歯の治療は回数券だ」と患者さんにお伝えしています。

20枚綴りの回数券を治療の度に消費していくとします。

ダイレクトボンディングは1~2枚程度しか消費しない治療法ですが、部分的な金属の詰め物は一気に3~5枚くらい消費するようなイメージで、被せ物についてはは5~10枚消費するようなイメージです。

(先生によってはインレーの段階で10枚くらい一気に行くかもしれません・・・。)

例えばダイレクトボンディングが1回の治療で5年持ったとして…クラウンと同様の5枚消費するには25年かかります。

逆にクラウンを25年以上持たせることが出来るのなら良いのかもしれませんが…それが出来る!と自信満々に答えられる歯科医師はまずいないでしょう。


もちろん先生によって考え方は違いますし、価値観も違うため患者さんがどこの医院を選び、何の材料を選ぶかは人それぞれですが…


少なくとも私が同じような状態で治療を受ける際には可能な限りはダイレクトボンディングで治療してもらいたいですね。


で、ダイレクトボンディングでは無理というサイズになってきたら、今度は被せ物(クラウン)に移行するという流れを希望すると思ってます。


また、治療とは削る量が増えれば増えるだけその難易度も増していきます。それに伴って、持つ期間としても短くなっていってしまいます。

だからこそ小さいサイズの虫歯の時点で、ダイレクトボンディングで治療する意義は非常に大きいんです。

当院は保険医療機関ですので、非常に小さい虫歯の場合は保険適用内の「コンポジットレジン修復」にて治療を行っていますので、もし精度や持ちに拘りがあるのであれば、最初から「ダイレクトボンディングを希望」とお伝えください。



さて、

では症例写真に移ります。


患者さんは千葉県で開業されている歯科医師の方です。

歯科医師も歯科衛生士ももちろん人間ですから、口腔内のケアが不十分になることはあります。

当然油断すると虫歯や歯周病になってしまうわけですね。

ただ、治療を受けたことがある方であれば、やはりその分治療の苦痛も分かりますので、患者さんへの接し方も自然と優しくなってきます。

私自身治療した歯が非常にたくさんありますが、その甲斐(?)もあって、患者さんの治療中の痛みになどはしっかりと配慮しているつもりです。


今回治療を行った歯科医師の方も患者さんに優しそうな方でした(○´ω`○)


さて、では術前から。

どこが虫歯が変わりますかね?

1か所はあからさまに黒いのが透けているので分かりやすいかもしれませんね。


軽く削って、虫歯が見えやすくなった状態がこちら。

どうです?

結構黒いのが分かりやすくなりましたよね?


また、手前の歯との間にも黒い部分があるのが分かるかと思います。

削っているので分かると思いますがもちろんここも虫歯です。


上の術前の写真では非常に分かりづらく、拡大鏡で覗いても油断すると見逃してしまいそうな状況でした。


視診でのみの診査はどれだけ高倍率のルーペやマイクロスコープを使用しても、見落とす可能性は結構あります。

そういう時には部分的な小さいレントゲンなどで精密検査していくのですが・・・レントゲンでの虫歯の検出率は実は約50%程度なんです。

その為、複数の診査を併用して、虫歯や歯周病などの病気の検出率を上げていく必要があります。

定期健診で必ず歯科医師が見ているといっても、定期的にレントゲン撮影も行っていないと見逃してしまう事もありますから、しばらく撮られていない方は是非かかりつけの歯科医師に相談し、撮影して頂いたほうが宜しいかと思いますよ。


さて、横道に逸れてしまいましたので、戻ります。

虫歯をとりきったのがこちらの写真になります。

黒い部分が残っていますが、こちらは虫歯を染め出す液にも染色されませんし、十分な硬さがある部分になります。

本来は綺麗に詰めるためには可及的に除去しておいた方が有利なのですが・・・

今回は痛みが途中で出てしまったため、そこまでは除去せずに、取れる範囲で着色を除去しました。


そして、詰め終わったのがこちらです。

歯の底の色を隠すように色を消せる材料を使用しながら詰めました。

歯の溝の色を本来の色に合わせて詰めましたので、違和感はなく仕上げられたかと思います。 歯との間の部分にもフロスを通しても引っ掛かりは一切ない状態に仕上げているので、問題なく使用して頂けるかと思います。 患者さんは歯科医師なので、色合わせなどの難しさも十分承知の方でしたので、非常に喜んでいただきました。

今後はなるべく虫歯にならないように、TCHなどの生活習慣含め、気を付けてくださいね(笑)

180回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示